綱敷天満神社
神戸市東灘区御影町石屋字八色岡1 地図


鳥居

交通

阪急御影駅 南西1km



祭神


菅原道眞 配祀 別雷大神、蒼稻魂大神



拝殿

由緒

 「御影の天神さま」と親しまれている。
 社伝によると、「茨城国造であった天道根命が別雷神を祀るに始まり、天津彦根命に伝えられ、子孫代々これを鎮祭す。聖徳太子が四天王寺建立の時に、御影山より石を求められた時に、蒼稲魂神を合わせ祠る」とある。
 『国造本紀』では、「茨城国造は天津彦根命孫筑紫刀祢」であり、「天道根命は紀伊国造」となっている。天道根命と別雷神との関係や当地との関係は興味のある所だが、よく分からない所。

 後堀川院の頃(1212〜1234)、菅原道真公の九世の孫、菅原善輝公が太宰府の神官に任ぜられ、筑紫に赴く途中、道真公と由緒のある当地に社を建立し、綱敷天満宮と名付けて、別雷神と蒼稻魂神を合わせ祀った。



本殿



社殿

お姿

 一月八日に行われる綱打神事は全国的にも珍しい行事。
 文治二年(1186)より始まっている。
 小綱三十六本を十二本づつの三束にして練り合わせ大綱を作り、海中に沈めて清めた上で神前に奉納し、注連縄にこの大綱を巻くように張り渡し、八本の矢を突き刺し、多くの榊葉を束ねて下に吊し、御幣と麻の緒を付ける。この注連柱全体が祓えの具であり、これをくぐり抜けると一年間無病息災で暮らせると伝えられる。

 境内は広く木々が多い。自動車も多く駐車しているのは月極で運営しているようだ。この地域の神社は殆どが空き地を駐車場として運営しているようだ。

 牛神が祀られている。牛はクサを食べる。これより出物・腫れ物・その他病気の元を食べ病を治すとされる。



摂社 牛神

 三星大神とする神社がある。大石に椿彦尊、中石に椿姫大神・添木主大神と彫っている。また石の祠も並んでいる。なにかよく分からないが正一位とあるから稲荷さんだろう。



摂社 三星大神


お祭り

  1月 8日  綱打祭  9月25日 例祭

 参考 『神戸の神社』、『平成祭礼CD』

兵庫県神社一覧
神奈備にようこそに戻る